駐車場設備の需要は年々増加傾向にあります

土地に関わる利益を更に大きくするには

義務化されています

地盤調査は平成12年に義務化されました

地盤調査とは、文字通り地盤の強度を調査することです。主に建物の建築前におこなわれます。建築することによって、建物の重みで地盤沈下が生じないかどうかを調べるのです。 建築前の地盤調査は、以前はおこなわれないことも多くありました。特に比較的軽量な木造建築物は、多くの場合は地盤調査をせずに建築されていました。しかし平成12年の法改正により義務化されたため、以後は建築前に必ずおこなわれるようになりました。 したがって平成12年以降に建築された建物の場合、木造建築物でも、必ず地盤調査がおこなわれています。しかしそれ以前に建てられたものの場合、おこなわれていない可能性もあります。そのためその建物の持ち主などが、後から専門業者に地盤調査を依頼するというケースもあります。

地震による悪影響に関する調査

ただし建築前の地盤調査で確認できるのは、その上に建物を建てた場合に地盤に悪影響が出ないかどうかです。したがって地盤調査をクリアした場合、そこには建物を建てても問題がないということです。 しかし建築による悪影響は出なくても、地震による悪影響は出る場合があります。特に大きな地震が起こった場合には、液状化する可能性があります。また、トラブルが起こってはいなくても、地盤の強度が下がってしまっている可能性もあります。 そのため昨今では、建築前に地盤調査をしていたとしても、地震が来たために改めておこなうという人も増えてきています。今後、大きな地震が来ることが予想されている日本において、こういった形での地盤調査は増えていくと考えられています。

Copyright © 2015 駐車場設備の需要は年々増加傾向にあります All Rights Reserved.